採用担当の連絡先
採用に関するご質問など、
お気軽にお問い合わせください。





先輩社員インタビュー 商業藝術で活躍する社員のこれまでと、
これからの思いを辿ります。



旅先で見つけた出会い…すぐに説明会へ

京都生まれ京都育ち、根っからの京都人。高校も大学も、英文科で外国語を勉強していました。 就職活動の息抜きがてら広島の友人を訪問し海を見に行こうと歩いて居たところ、ライトアップされた白い建物を発見。 ゲストハウスウェディングだなとピンときました。 ちょうど就職先にホテルやブライダル関係も視野に入れていたこともあったので、すぐに気になり調べたのが「CASA FELIZ」でした。 そこからすぐにリクルートサイトから申し込み、たしか二週間後位には会社説明会を関西で受けてましたね。

これがプロなのか!衝撃の出会いを通して

大学を秋に卒業したので、4 月入社までの期間を広島の「EIGHT Supperclub」でインターン入社しました。 そこではじめて、池田MGR の接客を見て衝撃を受けたんです。EIGHT にはポーター(入口でお客様のご案内や、お帰りの際のお会計を担当する)というポジションがあるんですが、お客様がお店にいらっしゃる最初と最後にいかにどんな会話をするのか、池田さんからかなり学びましたね。「プロの仕事ってこういうことなんや!」と衝撃でした。 どんなお客様とも池田さんらしく向き合って、アプローチしていく姿勢。 お客様でも同じ仲間でも、自分から何かを伝えようとする時、池田さんだったらどういう風に伝えるだろう? 池田さんならどこを見るんだろう?とか考えたりします。そこまで影響を受けるくらい、衝撃でした。 当時、新卒入社は半年間程色々な店舗で勤務する機会があります。そこでCASA FELIZ も含め様々な店舗を経験してみました。 最終的に自分の気持ちは「どこへ配属になったとしてもやりたいことは変わらないんだ」と落ち着き、視野と選択肢が広がった気持ちでした。

お客様との一期一会がある仕事

入社後の研修中、café43 のホールをして居た時、旅行でいらっしゃった女性のお客様がご来店されました。 テーブルでパソコンを開いていたので、なんとなく「wi-fi が必要かな」と思いwi-fi のパスワードが書かれた紙をお渡ししたんです。 ご希望のお客様には必ずやることですので、特にそれがそんな大それたこととは思って居なかったのですが。 そのお客様がお会計をすませ退店された後、テーブルを見たら、先ほど渡したその紙のうしろにお礼のメッセージが書かれて居たんです。 とても嬉しくて。今でも大事に、財布にいれて持ち歩いています。

今の仕事の手応え

今は広島市中区にあるカフェ47 で店長をしています。 立地的にお仕事帰りのお客様とか、待ち合わせて会話を楽しむお客様が多いです。 この方はどんな方だろうかと考えながら、お帰り前のお会計時にお話させて頂くことが多いですね。 特に京都観光の相談をされてるお客様とかいらっしゃったら、ついつい血が騒いでおすすめのお寺などご提案しちゃいます!
店長になってみて、後輩社員の目標を一緒に見つけていきたいとか、PAL(アルバイト、パートスタッフ)さんの将来を見届けたいとかの思いが強いです。 飲食店というのは自分がやったことがすぐに数値やお客様のリピート回数など、結果となって帰ってくるのが面白いし、そこに一番手応えを感じています。

人間力を磨きながら、世界と向き合いたい

30 歳までに30 カ国行く!という個人的な目標があります。 あとは学生時代から、今もNGO で働くのが夢です。 NGO の入社に必要な「人間力」を磨くことは、どんな事にも大切だと思いますし、意識しながら今も全力で仕事と向き合っています。 そういった目標やなりたい将来もありますが、やっぱり今はまず自分のお店のことですね!そればっかりです。





カフェについて学んだ専門学校時代

カフェについて学ぶ専門学校で、調理、製菓、パン作りやラテアートなどを学んでいました。 商業藝術のことは町田にあるyusoshi を時々利用していたので覚えていました。 居心地の良いカフェだなと思っていたことと、就職活動の時期には「自分の好きなカフェから探してみよう!」と思い立ち、専門学校で説明会が行われたので参加しました。

飲食業界の本音を聞いた説明会

説明会で、当時の採用担当の方が正直な話をしてくれたことが印象に残っています。 飲食業界だとやっぱり気になる労働時間や環境のこととか…。 隠す事なく、やはり店舗によって偏りがあること、一緒に改善していきたいということを話してくださいました。
ほかの会社ももちろん説明会に行きましたが、良い所だけを選んで話していた気がしました。 正直な本音を聞けて、その方が入社後のギャップがないかもしれないと思いました。 説明会の後にそのまま一次面接を受けて、二次面接は代官山の事務所(当時の本社)へ。 その時、採用の方が珈琲を淹れてくださった事を覚えています。 ほんのささいな事かもしれませんが、その珈琲で、理念や社是の通り人を大事にしてる会社なのかもと考えたことを覚えています。

入社後に知った「和食」の魅力

採用が決まった後、入社するまでインターンのお誘いを頂いたので「小割烹おはし渋谷」に入りました。 カフェ専門学校に通っていたものですから、和食か~と、最初乗り気でなかったのが正直なところなんですが(笑)実際に入ってみて、当時の店長やスタッフの皆さんと仕事に取り組むうちに、すっかり和食のお店を好きに!
和食だとお料理の提供回数が多いので、お客様とお話しする機会が何度もあります。 そんな交流を通して、私の顔をおぼえててくださってたり、電話でも「あ、奥村さんだ!」と言ってくださるお客様もいて、とても嬉しいです。

これからやってみたいこと

3年続けるのが難しいと言われる最近の就職事情の中で、入社してきた子達の横のつながりを持てるような事をしたいなと考えています。 同じ店舗の社員とかに悩みを打ち明けるのもなかなか難しい場面もあると思うので、 もっと横のつながりがあるからこそいろんな人に相談ができるような…そんなことを考えています。 アルバイトでも、仕事でも、たくさんある仕事の中で「飲食店」を選んだからには何かお給料だけじゃない「付加価値」が得られるような時間にしてほしいなと考えてます。 あと、実は…「犬」に関係する仕事をしたいっていう夢があるんです!具体的には決めてないんですけど。 犬飼ったことないんですけどね(笑)

FOOD MGRの仕事

現場である店舗と、本部である料理部を繋げるFOOD MGR という立場をしています。 担当は、関東のカフェやレストランなどを含む19 店舗。本部から配信されるレシピの再現性の向上、スタッフへ正確に伝る事に苦心しています。 カフェ店舗「latte chano-mama」料理長も兼務していますので、店舗運営や衛生管理も行います。

アルバイトから社員を希望したきっかけ

当時22 歳、役者を志しながらアルバイトとして新宿のyusoshi で働いていました。 勤めて3 年がすぎた時、役者の道に専念しようかとも考えつつ、ふんぎりがつかず、退職するかを悩んでいた時期がありました。 そんな時、当時のとても憧れていた先輩社員から「辞めるなら辞めるとしても人としての芯を通してからでも良いんじゃないか」という言葉に背中をおされました。 じゃあ一度社員になってみて、仕事に専念してみようと考え社員を希望。 社員になると名刺を貰うんですが、その初めて頂いた名刺を見た時は、これからしっかりやるぞ!と背筋がのびましたね。 そして、お客様にかなり配りまくりました(笑)

「調理」ではなく「料理」を目指して

商業藝術入社前に勤めて居た職場で3 年ほど料理を担当していました。そこで料理の楽しさに気づきましたし、今でも大好きです。 料理部部長の沖さんから、よく「調理ではなくて、料理を伝える」ことの大事さを言われます。 料理を作るだけではない、盛り付け・お皿・提供の仕方から、もちろん空間、スタッフの言葉…それら全部があわさってやっと「料理」になることを知りました。 その言葉にとても共感します。

自身としては、料理ももちろん大事にしながら、ホールでお客様とやりとりをさせて頂くこともとても好きです。 今までのキャリアでは配属先が全部カフェですが、焼き鳥(スタンディング業態)に興味があります! お客様との距離とか雰囲気、やっぱり人と接するのが好きなので。 お客様もスタッフも巻き込んで店舗の空気を作ることが重要だと考えます。

店舗と共に学んできたこの数年

今、latte chano-mama の店長もしています。伊勢丹 新宿店様にある「ママカフェ」であり「ママ」にスポットをあてたカフェです。 ちょうどこちらに配属される少し前に、自分も父になりました。今子供が2歳です。 小さお子様を連れてお買い物を楽しむ「お母さん」を主役にするカフェで自分がどうあるべきか、お子様連れのお客様の荷物の大きさとか、育児の合間のほんの限られた時間で如何に楽しんでいただくか…。 個性のはっきりとしたカフェなので、そこは今でもよく考え込みます。 同時に、それらはもちろん商品に対する考え方にも通じます。自社のカフェの料理は家庭の味を基本にしながらも、特別感のある仕上がりにしなくてはなりません。 今の暮らしの家庭の味はつまり和洋中なんでものジャンルレスですから、幅広く学んで引き出しを増やしたいです。

この人のようになりたい、と思える人が居ること

さっき話した、社員になる背中を押してくれた先輩にすごく憧れていました。 この人かっこいいな、自分もそうなりたいとずっと背中を追いかけていました。自分が憧れられる人がいるのは大切な事だと思います。 その憧れに近づきたいと思いながら行動して、そしていつかの自分のように、背中を見てくれる人が居たら嬉しいと思います。



今の仕事

HCM(Human Capital Management)の共育部に所属し、代官山にある「クロッシングポインツ代官山」で新入社員の研修などを行なっています。 HCM 共育には現在、小さな子を持つ「母親」である女性3 名が在籍し、「マザーズ」としても活動しています。 子育てをする女性の社会との関わり方は、現代において大切なテーマです。 時間的な制約、家族の事情など様々なハードルを、自分自身と仕事との関係性の中で最適な答えをさがし、社内へ汎用できるように仕組みへと提案していくのが私たちのミッションです。 入社して15 年接客をしてきましたが、人から学ぶことがまだまだ多いですね。 新入社員研修のロールプレイングを見ていても、「こういう受け答えがあったのか!」という発見がたくさんあります。 理念「Love your neighbor as yourself」や社是「with」に繋がる仕事だと、とても思います。


リフレクソロジストから一転。
マネジメントに興味を抱き、大きく舵をとる

前職は英国式のリフレクソロジストとして3年勤めていました。 当時の世の中は「癒しブーム」。アロマを焚きながらマッサージをする仕事です。 19 歳にしてそのお店の副店長となった時、マネジメントの楽しさに気づきます。 もし自分のお店を持つとしたら、カフェが良い!そう思って方向転換を考えました。 専門学校で、カフェのショップオーナーになる為のコースに通いながら、chano-ma 横浜にアルバイトとして入社しました。 アルバイトの3年間を通して、すごく楽しかったという実感があります。 スタッフ同士、どうすれば良いお店をつくることができるのだろうかと日々話し合い、社員でもアルバイトスタッフでも、お互い対等に話ができるところが大きな魅力でした。 そうして、当時の社員からのお誘いもあり、店長になるチャンスがたくさんあることや、社風が自分に向いていると感じて入社を決めました。
入社したと同時に和食に異動になりました。 当時、早く店長になりたい!という気持ちでいっぱいでしたが、和食店では当然ながら今までカフェで培ってきた気遣いとは違うものを求められました。 お客様の年齢層もぐっと上がりますので、カフェのある種エンターテイメント的なおもてなしから、和食の凜とした言葉遣いや所作、おもてなしのスタイルへ…。 不安も様々にありましたが、周りの人や環境に助けられて頑張ることができ、入社半年後に店長に昇格しました。

育休から復帰。
家族と仕事、自分の心の在り方を見つめる

産休と育休を取得し、産後7ヶ月で職場に復帰しました。 仕事復帰したときは、子育てと仕事の両立を完璧にやり遂げよう!と意気込み、「朝5時に起きて洗濯」など書いた時間割を作り込んでチャレンジしてみました。 ところが、1週間はできても、段々できなくなってきて…家族に対してイライラしがちに。 はっと気づくと、そのリストは全部「自分のためにしていること、自分がそうありたいという願望」でした。 何を満たしたら自分の心が安定するのかを自問自答したとき、出てきた答えは「娘との時間を大切にすること」でした。 部屋が汚れていてもご飯ができあいでも問題ない、娘との日々の時間だけは優先して確保するようにしました。 そうすると、家事が完璧ではなくても、心が満たされるようになり安定しました。

「第二の人生」について考える

最近プライベートでは「読み聞かせ」の資格を取得するべく講座を月に1 回受講しています。 そもそも今営業に関わっている「chano-ma 代官山」のワークショップを間近で見ていて、自分の得意なことや好きなことを生かしてお客様に喜んで頂けることは何だろうと考えたことがきっかけです。 人前で話をするのが好きなので、絵本の読み聞かせにたどり着きました。 子供を産んで職場復帰をして、仕事と自分だけではない、家庭と家族を含めた「第二の人生」が始まったと言えると考えています。 仕事をしながら、その「第二の人生」を公私ともに充実させるために、今何ができるかを考えながら生活しています。






もっと魚を捌きたい!と思っていた学生時代。

大学一年生の時に、アルバイトで入った居酒屋のキッチン業務で料理に興味を持ちはじめました。 始まりはそこからで、そこから料理に関わる進路を意識しはじめました。大学四年になった頃、もっと料理を、もっと魚を多く捌ける仕事をしたいと感じて、築地の魚屋の仕事をしました。 それまで多くても一日3本程だったところから、一日50本程の魚を捌いてとても充実したアルバイトでした。 日々上達したりしなかったり、うまくいく時もいかない時も、それを日々積み重ねていく実感と達成感を感じていました。

飲食業っぽくない雰囲気の会社。

大学卒業後、飲食業界の仕事を正社員として2ヶ所ほど経験し、商業藝術に至ります。 飲食業界は昔はもちろん、今もガチガチの体育会系だったり、上下関係のイメージはあると思います。 老舗だったり巨匠の下であれば、それもひとつのやり方なんで、ありだと私個人としては思っています。 ですが、企業で、そして組織でとなるとそれは非合理的な面が目立つのではないでしょうか。

紹介会社を経由して商業藝術に面接に来た時、直感で入社を決めました。 面接で話した方の雰囲気や、事務所ですれ違う人の笑顔と挨拶が要因だったかもしれないと今では考えますが、本当に直感ですね。この会社に入ろう!と即決しました。

入社後ほどなくして、社員が集まる会議があったんですが、そこで集まった方々をみて驚きました。 これが本当に飲食をやっている会社なのかな?という位明るかったんです。脱オラオラ感というんですか、自分の今までの経験にはなくて。 それを目の当たりにしたことで、理念や社是のwithなど、会社のキーワードにはわりとすぐに共感できました。

商業藝術にはいってから、妻に「まともな顔になった」と言われました(笑)それまでは疲れだったり険しさが出ていたみたいです。

ワークライフバランスに向き合う。

自分の性格として「すぐにやらないと落ち着かない」点があるので、オンとオフは「気持ちの切り替え」が一番難しいと感じています。 メールや事務書類などの提出期限を見てしまうと、たとえそれが休みの日だとしても気になって仕方がなくて。子供と公園で遊んでいてもソワソワしてしまいますね(笑) 会社も休みはしっかりと休むことを推奨しているんですが、見なければ良いと言われてもそういう性分なんです。 そんな自覚症状もありつつですが、今のところ三年連続夏休みを一週間とっています。 店舗責任者である自分が率先してとらないと周りの子も取りづらいと思いますし、何より旅行が好きなので!そのためには社員の指導、計画、シフト調整等かなり大変です。 すごく周りの子に頼み込んでますよ!でも、やると決めたので貫いてますね。

満足度も、利益率もまだまだ伸び代がある。

将来を考えるとしたら、購買部で食材の仕入れ担当に、とても可能性を感じています。 お客様満足度も、従業員満足度も飛躍的にあげられる可能性がある仕事ですよね。 様々な可能性の模索や、自分のビジョンを口にすることが許される会社環境だと思ってます。 会社の方針、社員の雰囲気、それらは飲食業界における強みですし、それこそが世界を変える力だと思います。 それに追いつく収益性や利益率が課題ですが、根気強く向き合っていきたいですね。


和食を学ぶ専門学校へ進路を決めた理由

祖父がうなぎ屋の料理人だったので、小さい頃から料理に興味はありました。 意外って言われるんですけど、昔サッカー少年だったんです。練習終わって家に帰ると家族がみんなどこか行ってて。 お腹がへるからよく自分で料理をしていたんですよね。それがきっかけかもしれないです。 高校生で進路を決める時に、そんな経緯もあって調理師専門学校に決めました。 フレンチだとフランス語やんなきゃいけないから、和食の方がいいやって思って…軽くてすみません(笑)

新しい仕事をさがすための3つの条件。

卒業後は就職して、京都の料亭での修行を経て、祖父のうなぎ屋で働きました。 そのうなぎ屋が当時(20年前)の飲食業にしては労務管理がしっかりしていて、単刀直入にいうと暇でした。 若いこともあり、もっとばりばり働きたいっていう意欲が日に日に大きくなっていって。ついに知り合いに紹介された店に転職しました。 そしたらですね、そこで働きすぎて身体を壊してしまいまして…。 もう人に紹介された所だと迷惑をかけるから、仲介会社で職を探そうとおもったんです。

独立も視野にいれつつ、企業で働く経験もしてみたいと思ってました。組織を肌で感じて、独立にあたっての知識と経験として活かせると思ったんです。 その時考えていた条件は3つ。
「①創業者が現役社長であること」
「②企業でも、半分位は手作りにこだわりがあること」
「③規模が今までより大きい会社」
この3つにあてはまったのが、商業藝術でした。 入ってみて、それまでが職人9割の世界から一転して、雰囲気が全然違うところに入った感はありましたね。 もちろん職人が減れば料理の質というものは落ちます。 料理のやり方だって、職人の世界なら何がどうあっても親方の言うこととやり方が絶対ですからね。 でも、それをいかに「経営的」に捉えて成立させるのかが重要なんだと理解しました。

和食にかぎらない、
様々な業態の商品開発を通して。

4年程前から商品開発も任されるようになりました。 自分は和食が専門ですが、他の業態とも交流することで吸収できることが絶対にあるだろうし、開発職で本部にいれば社長の貞廣さん(現会長)とも接点が増えると思ったのですすんで引き受けました。
カフェのデザートとか、若い女の子向けの料理を考えるんですけど、どうしても料理人って原価とか色々打算がはいっちゃうんですよね。 それを、女性店長や社員から率直な感想をきいて軌道修正したりしています。お客様目線で意見交換します。 その店舗のコンセプトを作った人に話を聞いたり、他社のものをみたり、ネットで調べたりしながら試行錯誤しています。

自分の「目的」を持ち仕事に向き合う。

独立ももちろん考えていますが、かつて貞廣さんに「独立して金子さんがしたい事は、金子さんじゃないとできないの?」という問いかけを頂いたことがあります。 まだ答えはでていません。あと、一度も貞廣さんに褒められた事がないんです。もし褒められてたら独立してたかもしれませんね。

和食や飲食にかぎらず、仕事をする上では何が目的なのかをはっきりさせる方が良いと思っています。 その目的と、自分で工夫しながら仕事に取り組み、楽しんだり学んだりすることがないと二、三年で先が見えてしまって立ち止まる事があるかもしれません。 それぞれの「目的」を胸に持って仕事に向き合って欲しいですね。